美容院で白髪染めする際の注意点

大阪市の美容院で白髪染めをする時の注意とは

美容院で白髪染め
大阪市内には多くの美容院があります。白髪染めはほとんどの美容院で施術していますが、カラー、マニキュア、ヘナなど使用している薬剤や方法は店舗によって様々です。カラーにはおしゃれ染めと白髪染めがあります。二種類の薬剤を使用する方法で、髪の毛の内部までしっかりと色を入れることができます。色持ちがよく、色のバリエーションが多いのが特徴です。髪の毛の芯まで色をいれるため薬剤はアルカリ性です。そのため、染毛後のケアが不足するとダメージが出やすいので注意が必要です。白髪染めに特化すると、染毛剤が濃くなっています。

この他、マニキュアは髪の表面にのみ薬剤を付ける方法で、色を出すというよりはツヤを出したり、ダメージの防止を目的としている事が多いので、ダメージは少ないですがカラーバリエーションは多くありません。そしてヘナは植物由来の染毛剤で最もダメージが少ない方法です。カラーバリエーションが少なく、主に白髪染めに適しています。また、最初から濃い色にすると明るい色には戻せないので、大阪市の美容院で初めてヘナで染める場合には、明るめの色から試すと失敗がありません。

さらに、大阪市の美容院で施術を受けるのなら、白髪染めだけを施術するよりは、カットも同時に行ってスタイルを整えると良いでしょう。カラーは色持ちが良いと言っても、髪の毛は平均するとひと月に1cm伸びると言われているので、新たに伸びた根本部分は白くなってしまうことは避けられません。市販品にもカラーはありますがアルカリタイプならダメージは避けらませんし、頻繁に美容院に行くには、費用がかかるだけでなく髪の毛にかかるダメージも心配です。最近は自宅で簡単に使えるトリートメントタイプやシャンプータイプの染毛剤があります。弱酸性タイプが多いのでダメージが少なくて済みますし、素手で取り扱えるものもあるので、つなぎの染毛剤として使用すると美髪を維持することができて便利です。

都内の美容院で白髪染めをするときの注意について

東京都内には非常に多くの美容院が開業しています。ファッション雑誌に掲載されるような有名店も多くありますし、昔ながらの庶民的な店鋪もあります。また、カットのみ、染毛のみと技術に特化した店鋪も増えています。カット専門店では白髪染に対応していない店鋪もあります。また、自分が普段使用している染毛剤を持ち込んで染めてもらえる店舗もあるので、利用方法に応じて美容院を選ぶとよいでしょう。他府県に比較すると平均的に費用が高いのが特徴で、有名店などは技術者にランクがあったり、技術料を別途請求されることもあります。美容院は都内に限らず予約制となっていますので、施術内容だけでなく、施術料や料金体系の確認にも注意が必要です。

都内の美容院で白髪染めをすることはできますが、店舗によって使用している薬剤や施術方法に違いがあります。多くの美容院が実施している2液タイプの白髪染めはアルカリ性の薬剤であることが多く染毛力は強いのですが、その分ダメージを受けやすいという特徴があります。そのため、染毛剤を落とした後には中和剤やトリートンと剤でケアをしています。どのような薬剤を使用しているのかは、口コミやインターネットで確認することができます。ただ人気になっているから、芸能人御用達だからという理由で店鋪を決めると、技術者との相性が悪いと満足できないこともあるので店鋪の選択には注意しましょう。中には白髪染めには技術の差がないと思っている人もいますが、同時にカットをしてもらうことが多いですから、慎重に選びましょう。

白髪染めにはポピュラーなカラー、肌に優しいヘナがありますが、どちらも色持ちは2ヶ月前後です。神経質な人や人前に出ることの多い人は、少しでも髪の毛が伸びると気になってしまうので、頻繁に染め直しに通うことになります。頻繁に染め直しをすると痛みが心配です。最近はセルフで白髪を染められるアイテムが数多く販売されていて、中でもトリートメントやシャンプータイプなら簡単に使えますし、痛みも少ないので、重宝します。

愛知県で白髪染めができる美容院を探す時の注意

歳を重ねるとエイジングケアの負担が増えます。肌のたるみ、メタボリックシンドローム、そして白髪ケアです。白髪は高齢者の特徴として捉えられることが多いですが、メラノサイトの生成力が低下すれば年齢に関係なく発症します。できないように予防をすることも必要ですが、できてしまった白髪は色をもとに戻すことはできないので、人工的に色を付けるしかエイジングケアをすることはできません。愛知県内には多くの美容院がありますが、おしゃれ染めや白髪染めを施術している店鋪はとてもたくさんあります。一般的な方法は2種類の染毛剤を塗布する方法です。髪の芯まで色が入りやすく染毛力が強いので頭皮に付かないように塗布することが必要ですし、アルカリ性なので髪の毛にダメージが出やすいのが特徴です。この2つの染毛剤を使用する白髪染めは市販品でも内容は同じです。そのため、自宅で利用するときには衣服だけでなく、頭皮に付着しないように細心の注意が必要です。

愛知県の美容院で白髪染めをする場合、市販品よりカラーバリエーションが豊富なので、理想とする色味を何度も技術者に相談すると理想に近い髪の毛の色を実現できます。市販品はパッチテストが推奨されています。これは、美容院の場合でも同様です。肌が弱い人やアトピーなどアレルギー体質の人は、予め美容師に相談をすると安心です。カラーよりは染毛力が弱く、色味も少ないのですが植物由来のヘナ染料を利用した白髪染めなら肌や髪の毛にも穏やかです。色持ちは個人差があって、平均すると2ヶ月弱です。根本の色が変わる前に染め直しをしてもさほどダメージはありませんが、美容院に行く時間が無い場合には、トリートメントタイプの染毛剤があります。シャンプー前あるいはシャンプー後に毛髪に塗布するだけで、白髪を染めることができます。面倒な下準備が要らないので、気になるなと思った時にすぐに使えるので重宝します。色持ちも良くなっているので、美容院に行く間隔を長くすることも可能です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ